ゴキブリ駆除

ゴキブリの主な種類

ゴキブリはこの地球上に生息する生きた化石です。餌が豊富で高温・多湿な隠れ家を好み、
生まれた幼虫は脱皮を繰り返して成虫になります。
繁殖力が強い上、育ち易い室内を好むので一般家庭を始め、飲食店や学校等のお客様が
定期的に施工されるケースも多いです。
yamatogokiburiヤマトゴキブリ黒系の大型ゴキブリで飲食店を始め、一般家庭でよく見られますが 実際は森林などにも多く生息しています。 一度に20〜30個の卵を産み、一年で成虫となります。 床下や天井裏などの暗く湿気の多い所を好む傾向があります。
kurogokiburiクロゴキブリ黒系の大型ゴキブリで屋外で越冬することが出来るので、屋外のゴミ置き場、
民家の床下、公園等の樹木の隙間等など外の環境に多く生息しています。
一度に20〜30個の卵を産み、一年で成虫となります。
水管が貫通している水回り部分の隙間より室内に侵入してきます。
chabaneチャバネゴキブリ成虫になっても体長が12㎜内外と小型で成長が早いです。
主要な生息場所は、冷暖房が完備されたビル内で、特に飲食店厨房内には多く見られます。また、成虫までの成長期間が短い為(約2ヶ月)、殺虫剤に対して抵抗性を持つ個体も出現しており、駆除施行は非常に難しいです。

%e3%82%b4%e3%82%ad%ef%bc%91①ゴキブリが営巣して繁殖し易いポイントに生息調査シートを設置して、生息状況を確認します。
多数の捕獲があった箇所には重点的に処置します。
%e3%82%b4%e3%82%ad%ef%bc%92②営巣し易い隙間部分などを中心にフラッシング(追い出し)処理を行い、併せて生息密度を低減すべく殺虫処理を行ないます。
%e3%82%b4%e3%82%ad%ef%bc%93③厨房什器の裏側や底面など、動かしにくい箇所周辺は繁殖場所になっていることが多々あります。そのような重点対策箇所については、動かせるものはなるべく動かしたうえで残留散布処理を実施します。
%e3%82%b4%e3%82%ad4④噴霧や散布が行なえない箇所については食毒剤を使用することによって防除処理を実施します。
一定以上、繁殖してしまうと防除が困難となります。その後は定期的に生息密度を点検し、都度、発生源対策を実施して参ります。

ゴキブリ駆除-基本料金

場所回数金額
一般住宅1〜2回(初回材料費¥10,000別途)
¥25,000(税別)〜
飲食店舗通年飲食店舗に関しましては、現場によって施工額が異なりますので、一度ご連絡を頂いた上でのお見積りとなります。
ここでは一般家庭の駆除施工に関しての基準例とさせて頂きます。