横浜市の蜂の巣の駆除が今年も始まりました!

横浜の蜂駆除ならお任せ、ビートシステムの井上です。GW直前のタイミングではありますが、今シーズンもスズメバチが活動を始めたようです。巣の駆除依頼があり、早速対応して参りました。

 

今回の舞台は保土ヶ谷区内にある集合団地の倉庫内。依頼者からの事前ヒアリングでは、「20㎝程度の巣ができており、蜂が飛び回っている」とのこと・・・。「まだ春先なのに随分と早いなぁ。昔の巣だったりしないのかなぁ。」と思いつつ、現場に行って確認してみると・・・

あった!ありました!巣をなかなか見つけることができず、捜索に四苦八苦していましたが、倉庫の隅の方に確かにありました!ただし、20㎝程度ではなく、2㎝程度の蜂の巣が。。。

これはコガタスズメバチの初期の営巣状況です。テレビなどの紹介だと、スズメバチの巣は丸いマーブル模様といったイメージがありますが、実態として、ピンポン玉を半分割ったような形から始まり、ひょうたん形、そして丸型へと変遷していきます。なので、初期の頃の巣はスズメバチと思わずにご自身で駆除しようとなされて刺されてしまうケースもよくあるようです。

 さて、防護服を着たうえで、よく観察してみます。ピンポン玉のようなサイズの巣の中央に女王蜂がいて、せっせと巣作りに励んでいます。健気に頑張っている姿を見ていると、応援したい気持ちも出てくるものの、そこは駆除依頼のお仕事。着々と殺虫の準備を進めていきます。確実に仕留めるために注意深く近づいて・・・エイヤッ!

 

beatsystem

横浜市の保土ケ谷区に事務所を構える害虫駆除会社です。 ネズミ駆除/蜂駆除/その他駆除/空間消毒などを請け負います!

おすすめ