横浜市の飲食店で発生するうチャバネゴキブリについて是非ご相談下さい!

こんにちは!ビートシステムです。

今日は弊社でも毎日駆除施工しているといっても過言ではない最も多い問い合わせの1.5センチ程度のチャバネゴキブリについてのお話をさせて頂こうと思います。

この小さなゴキブリが気が付けば店中に大発生してしまい困ってしまった・・・

ということで最初はご依頼頂くのですが、実はここまでの状況になってしまうと処置が大変です。初期施工も頻繁に行わなければなりませんし、費用もかかってしまいます。なのでそうなる前に定期的な防除施工をお勧めしております。

また、今まで業者に依頼していたのに最近効き目を感じなくなってきたかも・・・という話も聞きます。

そもそもなぜお店に繁殖してしまうのかというと

  • 食材を運んだダンボールに卵などが付着しており、それがお店で繁殖してしまう
  • 外から入ってきてしまう
  • 老朽化したビルなどの建物の外壁と外壁の間にすでにかなりゴキブリ類がおり、それが外壁の隙間から店内に出てきてしまう
  • 掃除がきちんと行き届いておらずゴミが溜まってしまいそこで繁殖
  • 居抜きや中古の流しなどにそもそも卵類が付着しており、それが成虫となってしまいいつく

など様々なケースが挙げられます。他のゴキブリとの違いは、卵から成虫になるまでのサイクルの短さにあります。

そもそもチャバネゴキブリはたったの2か月で卵からかえって成虫になり卵を産めるようになります。他のゴキブリの比ではないのです。

しかも少なくとも一度に約20〜50個の卵を気温もありますが、年に3〜7回も産みます。

最近の温暖化により、寒さに弱いチャバネゴキブリが冬は熱電源付近に籠っているなどし、日本でも寒さに耐えられるようになってしまったという現実があります。

また、ずっと同じ誘引剤だったりエサだったりすると、

★それを食べていたゴキブリ類→駆逐される
★それを食べないゴキブリ類→増える→生んだ子供ゴキブリも同じく食べない→更に増える
施工の誘引剤やエサもずっと同じだと耐性がついてしまい、結果ゴキブリがいなくならないという事態になります。

やはり害虫駆除業というものも時代とともに何らかの新しいものを取り入れなければ淘汰されてしまうという現実があります。なので弊社は毎年研修に参加する等必ず新しい知識を取り入れる、サンプルを入手するなど日々努力をしております。

横浜市のチャバネゴキブリなど、飲食店や施設等ゴキブリにお困りの方の力になれたら幸いです。

電話受付時間:月〜金 9:00〜17:00
電話:045-272-8511

 

ゴキブリ駆除-基本料金

場所回数金額
一般住宅1〜2回(初回材料費¥10,000別途)
¥25,000(税別)〜
飲食店舗通年飲食店舗に関しましては、現場によって施工額が異なりますので、一度ご連絡を頂いた上でのお見積りとなります。
ここでは一般家庭の駆除施工に関しての基準例とさせて頂きます。

beatsystem

横浜市の保土ケ谷区に事務所を構える害虫駆除会社です。 ネズミ駆除/蜂駆除/その他駆除/空間消毒などを請け負います!

おすすめ